「構造」と聞くと固く考えすぎるのだけれど、単純に自然(地球)と建築物とのコミュニケーション、キャッチボールです。地震・台風・重力(1G)などの自然の外力の中で今まで人が積み重ねてきた歴史や技術を総動員して共存する。人の生活をおびやかさい程度の折り合い条件を見つけつつ、統合調和(デザイン)すること。あくまで構造計算はその確認作業。
構造が研ぎ澄まされれば力は無理なく綺麗に流れ、建物は美しさを増します。

モノづくりの基本は現場から

現場を重視します。職人の経験と感覚、住まい手の思いや設計側の考えを総動員して空間をつくります。紙の上だけの作業ではなく、人と対話しながらつくる参加型構造設計を生業として大切にしています。


当事務所では木の可能性を最大限に生かしながら、意匠設計、構造設計、省エネ設計を統合した建築物の設計を目指します。
どうぞお気軽にご相談ください。

構造設計実績都道府県
青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、東京都、千葉県、富山県、長野県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、和歌山県、兵庫県、岡山県、広島県、島根県、山口県、香川県、高知県、愛媛県、福岡県、佐賀県、熊本県

※地震、台風、豪雪など様々な条件下での構造設計実績があります。

秋山 真一(akiyama shinichi)

秋山建築住宅設計室 一級建築士事務所

経歴
1993~1997 近畿大学 木質構造研究室(現村上雅英教授)卒業
1997~2003 三澤文子/Ms建築設計事務所 で木造住宅の設計に従事
様々な実務経験を積み上げたのち
2010 秋山明子と秋山建築住宅設計室設立(一級建築士事務所)